近年、脳梗塞に伴っててんかん発作が起こる高齢者が増えてきています。急な発作、ひきつけにとっさの対応ができるよう、てんかんの方だけではなく周囲の方も事前の知識を身につけておきましょう。

認知症を日頃から予防するには

認知症はラミクタールなどの医薬品をネット販売で買って治療することもできますが、そもそも認知症にならないように予防することも大事です。
一度なってしまうとそれを元に戻すのは大変なので、可能な限り日頃から予防することが大事です。
予防ができればラミクタールをネット販売で購入しなくてすみますし、それだけお金も無駄に使うことがありません。
では、具体的にどんな予防法があるのでしょうか。
それはいくつかのジャンルに分けることができます。
一つは、食習慣を注意することによって予防する方法です。
具体的にはまず、食習慣の改善があります。
例えば、βカロチン、ビタミンC、Eなどを含む野菜や果物をよく食べること、DHA、EPAを含む魚を食べることなどが有効です。
また運動習慣で注意できることもあります。
例えば、有酸素運動はとても良いといわれていますが、これをできれば週3日以上行うようにするといいでしょう。
そして、対人接触を増やしていくことも重要です。
これは積極的に人に会って話をする機会を増やし、新しい刺激や価値観を人から与えてもらうようにすることです。
また、普段から知的労働を積極的に行うのもいいことです。
好奇心を働かせて博物館に行ってみたり、本を読んだり文章を書くことにもいいことです。
ただ、もし認知症になってしまったら、医薬品を使うことも選択肢に入れておきましょう。
医薬品もいろいろありますが、例えばラミクタールという抗てんかん薬は、認知症改善に役に立つといわれています。
妊娠中の方は医師に相談しなければならないなど注意点はありますが、注意を守って使用すれば大丈夫です。
こうした医薬品をネット販売で買って、認知症の改善を行うという方法もあることを知っておきましょう。
ただし繰り返しになりますが、妊娠中の方、あるいかこれから妊娠する予定のある方は、ラミクタールを使用するにあたっては必ず医師に相談してください。